和田機械ホームへ
会社案内へ社長だよりへお問い合せへ ホームへ
 
ワーク、カッター部
 
 
・ワーク形状は四角、台形、三角も上下同時に面取りができます。
・カッター回転速度(テーブル回転速度)はワーク外周での送り速度が一定になるようにテーブル回転速度を制御しています。
・重量ワークをテーブルに設置する場合、ワーククランプ装置が旋回するのでクレーンでの搬入、搬出が容易に行えます。
・回転テーブルがベット上面より出ているため、ワークの下面にバリあってもテーブル上に設置できます。
・フライスで使用した古いチップが使用できます。
 
<機械仕様>
・ワークの大きさ(W×L×H)
  最大500×500×70(mm)
  最小150×150×12(mm)

・最大面取り量 C3.0(mm)(上下)
  ※厚さ12mmの場合はC1.5(mm)まで

・カッター径 φ80(mm) L/R各1組

・主軸モートル 1.5kW 4P
  ※インバーター付はオプション

・テーブルまでの高さ 875(mm)

・機械寸法(W×L×H)、概重量
  1040×980×1670(mm)、500kg

・加工時間 □500(mm)で約4分





 
ワーク、カッター部